縁屋通信

甘酒を飲んで理想の体型に!健康的にダイエットをしたい人におすすめ

2021.04.14

  • コラム

「飲む点滴」とも言われている甘酒。
栄養価が高く、健康や美容など、様々なところで嬉しい効果が期待できる飲み物です。

 

 

そんな魅力がたっぷり詰まった甘酒ですが、ダイエットにも効果的だということをご存知ですか?

 

いつもの食事の前に甘酒を飲んだり、間食のお菓子を甘酒に置き換えたり、無理な食事制限をすることなく取り組むことができるダイエットです。

 

 

甘酒の美味しさを楽しみながら、楽しくダイエットに取り組むことができます。健康的にダイエットしたいなら、規則正しい生活や適度な運動をしながら、甘酒を取り入れていきましょう。

 

それでは今回は「甘酒ダイエット」についてご紹介します。

 

 

甘酒が持つダイエット効果とは?

甘酒は「飲む点滴」と言われるほど、栄養価が高く、身体に嬉しい様々な効果が期待できる飲み物です。

 

甘酒を飲むことで期待できる効果には以下のようなものがあります。

 

✔腸内環境を整えて便秘解消をサポート
✔血行を改善し、美肌をサポート

 

健康にも美容にも嬉しい効果が期待できるのです。

 

さて、甘酒が持つダイエット効果とはどのようなものなのでしょうか?もちろん甘酒を飲むだけで体重が減るなどということはありません。規則正しい生活や適度な運動を行いながら、甘酒を飲むことで身体の中から理想の体型を目指すことができるのです。

 

それでは甘酒が持つダイエット効果について、詳しくご紹介します。

 

 

基礎代謝を高める「必須アミノ酸」

甘酒には9種類全ての必須アミノ酸が含まれています。必須アミノ酸は、私たちの筋肉を作る源であり、必須アミノ酸を取り入れることで、筋肉量を増やし、基礎代謝を上げることが期待できます。

 

痩せにくい身体を改善「ビタミンB群」

ビタミンB群は脂質の代謝を促進し、脂肪を燃焼させやすくする効果が期待できます。代謝を上げることで、痩せにくい身体を改善することが期待できるでしょう。

 

満腹感を感じやすくさせる「ブドウ糖」

ブドウ糖には血糖値を上げる効果があります。血糖値の上昇は満腹感のスイッチとなるため、ダイエットの敵である空腹を和らげることが期待できます。

 

老廃物を排出する「オリゴ糖・食物繊維」

腸内環境を整えるために必要な善玉菌のエサとなるのがオリゴ糖と食物繊維です。腸内環境を整えることで、身体の中の老廃物をスムーズに排出することができるようになり、代謝を高めることにも繋がります。

 

 

甘酒ダイエットの方法は2種類

甘酒ダイエットの方法は2種類あります。

 

1.食前の30分前に1杯の甘酒を飲む
2.食事を甘酒に置き換える

 

「全く違うやり方のように感じるけど、どちらでもダイエット効果が期待できるの?」と疑問に思った人もいるでしょう。

 

2つの方法にはそれぞれ、どのようなダイエット効果があるのかをもう少し詳しく説明していきます。

 

 

1.食前の30分前に1杯の甘酒を飲む

甘酒にはブドウ糖が含まれているため、食前の30分前に1杯の甘酒を飲むことで、食事を食べる前に血糖値を上げることができます。

 

私たちは血糖値が上がることをスイッチに、満腹中枢を刺激して満腹を感じています。


つまり甘酒を食前に飲むことで無理なく食事の量を抑えることが期待できるのです。

 

 

2.食事を甘酒に置き換える

1日の中で取る食事のどこかを甘酒に置き換える方法です。

 

甘酒に含まれるブドウ糖で満腹感を刺激しながら、食事を甘酒に置き換えることで摂取カロリーを減らすことができます。

 

甘酒には「飲む点滴」と言われるくらい様々な栄養が含まれているので、健康的にダイエットすることができます。

 

また食事を甘酒に置き換える方法では1日のうちで最もカロリーが高いことが多い夕食を置き換えることがおすすめです。

 

しかし、甘酒ダイエットが辛くなってしまったり、続かなくなってしまったりしては本末転倒です。自分のライフスタイルや好みに合わせて朝食や昼食などを置き換えても大丈夫なので、自分の取り入れやすいものを見つけてみてください。

 

また間食が多い人は間食を甘酒に置き換えるのもおすすめです。ぜひ自分の取り入れやすい方法で甘酒ダイエットに挑戦してみてください。

 

 

甘酒ダイエットで飲むなら「米麹甘酒」


甘酒には2つの種類があることをご存知ですか?

甘酒は原料によって「米麹甘酒」と「酒粕甘酒」の2つに分類することができます。

 

名前の通り、米麹甘酒は米麹から作られる甘酒のことで、酒粕甘酒は酒粕から作られる甘酒のことです。

 

さて、甘酒ダイエットに適している甘酒はどちらでしょうか?
甘酒ダイエットで飲むおすすめの甘酒はずばり「米麹甘酒」です。

 

米麹甘酒の甘みはお米のデンプンがブドウ糖に変わったものです。そのため、砂糖を使っていないのに自然な甘みを感じることができます。

 

一方の酒粕甘酒は飲みやすくするためにたくさんの砂糖を入れることがほとんどです。たくさんの砂糖が入っている酒粕甘酒はダイエットに不向きといえるでしょう。

 

また米麹甘酒の栄養成分は、原材料となるお米によって変化します。最近では、栄養価の高い雑穀米を使った米麹甘酒も販売されており、より高い効果が期待できることから注目されています。

 

さらに、甘酒に乳酸菌やGABAなどの成分を配合している甘酒も登場しているので、身体を整えながらダイエットすることができるでしょう。

 

 

甘酒ダイエットを成功させるためのコツとは?


美味しく気軽に取り組むことができる甘酒ダイエットですが、失敗してしまったという声があることも事実です。

 

甘酒ダイエットが失敗してしまう主な原因は「甘酒をゆっくり飲まないこと」「甘酒を飲みすぎてしまうこと」です。

 

さて、この2つはなぜ甘酒ダイエットが失敗する原因になるのでしょうか?
それでは甘酒ダイエットを成功させるコツについてご紹介します。

 

 

ゆっくりと時間をかけて飲む

甘酒を飲むときはゆっくりと時間をかけて飲む必要があります。
甘酒を一度にたくさん飲んでしまうと血糖値が急激に上がってしまいます。

血糖値が急激に上がってしまうと脂肪を溜め込みやすくなってしまうため、穏やかに血糖値を上げることが大切です。

そのため、甘酒は30分ほどかけてゆっくり飲むと良いでしょう。

 

一日に飲む量を決める

甘酒は栄養価が高いことをご存知の人も多いのではないでしょうか?

 

甘酒ダイエットと聞いて「栄養価が高い甘酒を飲んだら太ってしまうのでは?」と疑問に思った人もいるでしょう。実はその通りで、何も考えずにたくさんの量の甘酒を毎日飲んでしまうと太ってしまう可能性があります。

 

食事におけるダイエットの基本は摂取カロリーを減らし、消費カロリーを増やすことです。いつもの食事よりも甘酒に置き換えたことでカロリーが高くなってしまうと逆効果になってしまいます。

 

ダイエットに効果的な甘酒の取り入れ方を実践することで、健康的に理想の体型を手に入れましょう。

 

 

食事の置き換えにも!一日一善 黒甘酒

「一日一善 黒甘酒」は、日本の伝統発酵飲料である甘酒の良さはそのままに、現代人に必要な栄養成分を配合し新しい乳酸発酵飲料です。

 

最初に見たときに驚く人が多い黒い色はもち黒米のポリフェノールによる自然な色です。

 

また一日一善黒甘酒の魅力は栄養の豊富さだけではありません。

 

一日一善黒甘酒の味の決め手は金時生姜。ピリッとした味は甘酒の甘みが苦手な人にも飲みやすい味になっています。

 

飲みごたえもある甘酒なので食事の置き換えにもおすすめです。

 

まとめ

甘酒は身体や美容に嬉しい様々な効果があるだけではなく、健康的にダイエットすることができる夢のような飲み物ともいえるでしょう。

 

甘酒ダイエットは、いつもの食事の前に甘酒を飲んだり、間食のお菓子を甘酒に置き換えたりすることで、無理な食事制限をすることなく取り組むことができます。

 

あなたも甘酒を飲んで理想の体型を手に入れませんか?ぜひ、あなたのライフスタイルに合わせた甘酒ダイエットに挑戦してみてくださいね。

 

 

編集スタッフ:矢田ゆか